電話での契約方法

電話からの加入も可能!ただしそのデメリットにも要注目

ダイレクト型自動車保険への加入はネットからの手続きがおすすめです。ただし何らかの理由でネット環境が利用できない場合には電話でも加入手続きを行うことができます。電話から加入した場合でも契約できる補償内容に違いは生じません。また、電話からの加入には、電話での確認が必須のオプション契約の申し込みをいちどに済ませられるメリットがあります。ただし、電話から加入する場合には、インターネット割引や早割サービスなどが受けられなくなる場合があります。また、代金の支払い方法もネット契約とは違ってくる場合がある点にも注意が必要です。電話でオペレーターの案内に従いながら契約した方が何かと安心ですが、電話で契約する場合にはいくつかのデメリットが生じる点も考慮に入れておきましょう。

準備が大切!必要書類は手元に用意しておきましょう

電話で自動車保険に加入する場合、既に加入している自動車保険がある場合は、その保険会社の加入証券を手元に用意しておきます。また、車検証も必要となるのでこちらの書類も用意しておきましょう。電話口では契約者の氏名と生年月日、あわせて記名被保険者となる方の氏名と生年月日が確認されます。保険会社の乗り換えの場合にはこの際に必ずオペレーターに伝えておくことが大切です。もし忘れてしまうと二重契約になったり等級が引き継がれなかったりするので注意しましょう。電話での申し込みが終了したら、後日郵送されてくる契約書に記入し、保険会社によっては車検証のコピーを同封して郵送します。後は指定の方法で保険料を支払えば契約が成立します。電話での契約は確認事項や書類などの準備が必要となるので、あらかじめ用意しておくことが大切です。