本人だけが補償対象

保険料が安くなる方法を知る

自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しておくともしもの際にも安心ですが、保険料の高さが気になっている人もいるのではないでしょうか。保険料を少しでも安くするなら、補償内容を見直すこともおすすめです。保険料を安くする方法のひとつには補償対象を運転者限定とすることがあげられます。補償対象を運転者本人とすることを、運転者限定特約と呼びます。この特約を利用すれば、保険料の割引があるので、任意保険料もより安くなります。注意点としては運転者範囲を本人と限定しているので本人以外が運転をして事故を起こした場合は、自動車保険の補償を利用することはできません。本人以外で運転する人がいない場合に向いている特約です。

家族や知人に車を貸す場合

運転者本人に限定している場合は、できるだけ家族や知人に車を貸すことは避けたいところです。運転者限定特約を利用している場合で、他人に車を貸す機会がある場合は確めておきたいこともあります。まず、車を貸す場合もその知人や友人が自動車保険に加入しているかどうかを確認しておきましょう。自動車保険の特約のひとつに他車運転特約というものがあります。この特約に加入している場合は、もしも車を貸しているときに事故が発生しても、その人が加入している保険を使うことができます。他車運転特約を利用できるのは、あくまで他人の車です。家族や同居する親族の車を運転した場合の事故では補償されません。このほかでは、車を一時的に運転する場合に加入できるドライバー保険もありますので、友人や知人に車を貸す場合は、こうした保険に加入しているかどうかも確認しておきたいところです。