お店での契約方法

代理店型自動車保険の加入の流れ

車で公道を走るために加入が義務付けられている自動車保険はお店とネットの2種類の選択肢があります。お店で加入する、所謂代理店型を利用する場合に初めに行うのが担当者への見積もりの依頼です。自分で手続きをするネット型と違って代理店型は利用者に対して専任の担当者が1人付きます。顧客は担当者に車の利用状況や要望を伝えて最適な商品を提案してもらうのが保険契約の基本です。料金も含めてできる限り細かい情報を伝えことが重要になります。紹介された商品の内容を確認して問題ない場合は加入の手続きです。書類の準備や申請といった面倒な作業を全て担当者が代理で行ってくれるのが、店舗型ならではのメリットになります。書類が提出され手続きが完了したら補償がスタートという流れです。

失敗しない代理店型の選び方

需要の増加と共に自動車保険を扱う会社の数は増えています。一見するとどこも同じように見えますが、万が一の補償の手厚さや月々の料金、オプションの充実度合いなど違いは様々です。一つの所だけで判断をしてしまうと費用を無駄に払うことになったりオプションの少なさで不満が出ることもあります。最低でも3社程度から情報を収集して比較検討をしなくてはいけません。この時に料金だけを基準に商品を選んでしまうと、補償が弱くなってトラブルが起きた時に苦労をすることになります。保険は万が一に備えて加入をする物なので補償内容が充実している所を選ぶと安心です。ディーラーと代理店を兼ねている所で車を購入すれば代理店探しをする必要がなくなります。