自動車に乗るすべての人が補償対象

運転者限定特約をつけない自動車保険

自動車保険はその名前の通り、自動車にかけるタイプの保険となっています。つまり、保険に入っていたとしても契約した自動車で起こしたアクシデントでなければ補償をしてもらうことはできません。そうなれば、保険をかけている自動車なら、誰が運転しても補償を受けられると考える方もいるでしょう。しかし、契約内容によっては、補償対象が限られているケースもあるので気をつける必要があります。もしも、運転者に関係なく補償を受けたいなら、そのような内容の契約を行うようにしましょう。運転者限定特約がない状態で契約をすれば、例え知人や友人などの家族でもない人物が自動車を運転をしたとしても、補償をバッチリと受けられるようになります。

もっとも高い自動車保険の契約

本人のみや35歳以上などの運転者限定特約を利用するメリットは、自動車保険料を安くできることです。運転者限定特約をさまざまな条件で組み合わせていくことで、支払わなければいけない金額を大幅に下げられます。運転するすべての人が補償対象となる自動車保険は、安くなる要素がまったくありません。そのため、自動車保険料がかなり上がり、支払いが負担になってしまう可能性があります。もしも、友人・知人も自動車を利用する機会があったとしても、頻繁に運転する予定があるかどうかを考慮して契約するのが賢明でしょう。1日あたり500円程度で利用できる1日自動車保険というものがあるので、友人・知人がたまにしか運転しないときはそちらの方がお得です。