一定年齢以上の人が補償対象

年齢条件を設定して補償を受けよう

自動車保険を契約するときは、アクシデントが起こったときに補償は誰が受けられるのか決めなければいけません。家族だったり本人のみだったり、補償を受けられる範囲の条件はいくつもあります。その中には年齢条件というものがあって、設定をすることで補償対象を絞れます。もちろん、年齢条件を『なし』にすることも可能ですが、年間に支払う保険料がかなり高くなってしまうので気をつけなければいけません。どのくらいの違いがでるかというと、設定する年齢によっては、『なし』の場合の半額以下しか支払わなくてもよいケースもあるほどです。もしも、保険料が負担だと感じていて安くしたいと思うときは、できる限り適切な年齢を選んで契約しましょう。

設定年齢未満だと補償を受けられないので注意が必要

運転者年齢条件は好きな年齢を選べるわけではなく、『21歳以上』や『35歳以上』などいくつかの数値が決まっています。もちろん、契約をした年齢未満の方が自動車を運転して事故を起こしてしまったときは、補償を受けられないので注意しなければいけません。そのため、設定するときは運転をする可能性がある人物の中で、もっとも低年齢の人物を基準に考えることをおすすめします。

なお、契約内容はあとからとても簡単に変更ができるので、得をしたいなら臨機応変に手続きをしましょう。例えば、最も若い人の年齢が上がり35歳になったときは、『35歳以上』に変更することで保険料をグッと安くできます。変更を忘れてしまうと、本来ならば必要ないお金を無駄に支払い続けることになります。